• 株式会社の登記

    世の中にはいろいろな会社がありますが、会社はお客さんに物を販売したり、いろいろなサービスを提供したりして利益を得ています。
    そして会社は利益を得る目的で活動をしています。
    そして会社の種類も何種類かありますが、一番人々になじみのある会社の形態と言えば株式会社です。
    株式会社とは外部の人間から出資金を集めて活動をしていく会社で、基本的に出資者と会社を経営する人は分離されているのが原則です。
    そして経営者の経営方針が悪かったり、不祥事を起こした場合などはその株式会社に出資した株主が株主総会などで責任を追求したりすることになります。
    しかし実際の株式会社は家族経営をしている株式会社も多く、出資者と経営者が同じ人という株式会社も多いです。
    そして株式会社に限らず会社を作るためには会社設立の手続きをすることが必要になってきます。
    そして会社設立の手続きは法律の定めに従って手続きをする必要があり、会社設立の手続きには法律の知識も要求されてきます。
    そして株式会社の会社設立の手続きは定款を作成して商号、目的、本店、役員など決定します。
    そしてその後作成した定款を公証人に認証をしてもらい、その後会社の発起人が出資金を払い込むことになります。
    そして最後に設立する会社の本店所在地を管轄する法務局に会社設立の登記申請をして登記が完了すれば会社ができるという形になります。
    そして株式会社の設立の最後の手続きとなる会社設立の登記の手続きですが、この手続きも一定の法律の知識や登記に関する知識が必要になってきます。
    特に登記の手続きは非常に細かい規定があり一般の人にとっては理解しにくいところもあります。
    そのため株式会社の会社設立の登記は専門家にお願いしてやってもらうほうがいいと言えるでしょう。
    そして株式会社の会社設立登記の手続きに必要な書類は公証人の認証を受けた定款、会社の主要事項を決定した証明書、出資金を払い込んだ証明書、役員の印鑑証明書などが必要になってきます。